看護師<※子育ての方向け>転職ナビ

子育て中の看護師の転職のポイント

子育て中であれば夜勤や残業は現実問題として難しくなりますので、日勤のみや休日に融通の効く職場を探す必要がありますね。そんなとき便利なのが看護師系の転職サイトです。

ナースフルには非公開求人が豊富ですので、上記のような条件であっても比較的簡単に求人が探しやすいです。転職成功実績も多く頼りになるサービスですよ。

子育て中の看護師向け求人が豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 首都圏・関西・東海・九州 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
非公開求人の数が業界最大級!子育て中で条件が厳しいママさんナースでもよい求人が見つかる!
病院だけでなく企業・クリニックからの求人も充実。残業なしの求人も多数見つけられます。
■日勤のみなど条件が多い場合にはキャリアコンサルタントによるサポートが役立ちます!



マイナビ看護師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
全国規模でオフィスを展開、すべてのエリアで子育て中でも働ける職場を見つけることが出来ます。
充実した職場の内部情報の提供。子育てに理解ある職場かを確認したうえで応募ができます。
残業10時間以下、有給消化率9割など、子育てと仕事を両立できる充実した求人の中から選べる!



ナース人材バンク 無料 全国 ☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
■パート求人、クリニック、介護施設の求人など、ママさんナースに向いた職場を探せる!
■ブランクok、キャリアアップに役立つ職場など、将来のキャリアを見据えた職場も多数!
コンサルタントのサポートの充実。希望に合った職場の紹介から勤務条件の交渉の代行まで!



ナースではたらこ 無料 全国 ☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
業界最大級、9万件もの医療機関情報があり、職場の情報をじっくりと検討しながら探せます。
最大10万円が入職後半年でプレゼント!また入職後にも相談などのアフターフォローも万全。
■利用者満足度や、アフターサービスの充実で業界ナンバー1の評価!安心して利用できます。



看護のお仕事 無料 全国 ☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
業界トップクラスの求人数。子育てとの両立が可能な求人を全国各地から探せます。
条件交渉はキャリアコンサルタントが代行。ストレスを感じることなくスムーズに転職可能です。
■地域密着型。エリアごとで最新の情報が入手できるため、地元の求人も細かくチェックできる!



看護師の子育て中の転職のリアル

女性の担い手が圧倒的多数を占める看護師の仕事。そのため仕事と子育ての両立が重要なテーマとなります。それは本人だけの問題ではなく、看護師業界全体にいえるものです。離職率が高く、慢性的な人手不足が続いているといわれる看護師業界ですが、その理由のひとつが子育てとの両立の難しさ。仕事を続けたくても家庭の事情や就業環境が原因で辞めざるを得ない、あるいは続けられないケースが非常に多いのです。全国には看護師の資格を有しながら仕事には就いていない「潜在看護師」が約70万人もいるといわれています。その多くが結婚・出産を機に退職し、そのまま復職しないケースとされています。

こうした事情からも窺えるように、子育て中の看護師が仕事を続けるのは大変です。現場の声でもかなりリアルな声が聞こえてきます。まずシフトの問題。子供のことを考えると夜勤は避けたいわけですが、病棟勤務ともなるとなかなか難しいケースも出てきます。また、職場の人間関係の問題もあります。夜勤なしの条件で就職することができたものの、同じ職場の夜勤を担当する看護師との間にいろいろと問題が生じてしまうケースも見られます。また、子供が体調を崩したり、学校の行事などで仕事を休む際にもいろいろとこじれてしまうケースが多いようです。

雇用形態の問題もあります。安定した環境で働きたいならやはり常勤で雇用されるのが一番なのですが、今言ったシフトの事情でパート勤務にならざるを得ないことが多いのです。また、将来のキャリア形成にも影を落とすこともあります。パートでは看護師としてのキャリアを積むことがなかなかできない、あるいは子育て中でも働きやすいクリニックや介護関連施設での勤務ではスキルアップの機会に恵まれないといった悩みを抱えている子育て中の看護師も多いのです。

もうひとつ、子育て中の転職の問題としてブランクへの不安が挙げられます。子育て中の看護師の大半は結婚・出産のよる退職から復職までブランクがあります。中には5年以上のブランクがある状態で再就職・転職を目指すケースもあります。その場合ブランクが就職活動に不利になることはもちろん、その間に変化した医療業界・看護師業界の状況にうまく適応できなかったり、職場にうまく溶け込めずにすぐに退職してしまうことも多いのです。

こうした事情から、子育て中の看護師の転職は家庭との両立はもちろん、長く働け、将来のキャリア形成にも役立つかどうかも念頭に入れて探していく必要があります。教育・研修制度なども考慮に入れ、広い視野に立ったうえで求人情報を探していくことが大事です。


Copyright (C) 2014 看護師<※子育ての方向け>転職ナビ All Rights Reserved.